『ジャンパー』というテレポーテーション(瞬間異動)が出来る映画が公開されるわけだがそれ関連で『エスパー魔美』について議論されていた。

エスパー魔美は自分に向かってくるものに反応してテレポーテーションをする。
原作ではビーズは自分に向けて飛ばしテレポーテーションするという設定だった。
希にビーズが無くなり変わりのものを代用するなどしていたようだ。
魔美が洞窟に閉じ込められたエピソードがあるのだが、ビーズも無くなってしまいお手上げ状態。
外に居る高畑さんとたまたま落ちていたケーブルでテレパシーコミュニケーションを取るのに成功。
そのときの高畑さんが「君は自分に飛んでくるモノならビーズ以外でもいいんだ」的なヒントを与える。
それにひらめいた魔美は洞窟の中に落ちていた石を拾い、自分に向けて投げて脱出するというエピソード。
このように自分に向かってくるものに反応する体になっているようだ。

<ここから本題>

では、何にでも反応するということは私生活で困ったりしないのだろうか。
例えば雨が降ってきたとする。それに体が反応してテレポーテーション……なんでことが起こりそうだ。
また極端なはなし魔美は処女説まで浮上してくる。
つまりセックス時のピストン運動すら体が反応し飛んでしまうのか(別の意味で飛んでる?)。
激しい腰使いをしなければいいのだが、それでも子供の産めない体だろう。なんせ中出しできないのだから。
精子が飛んでこようものなら即テレポーテーション。

なんて不便な体なのだ。

その他にもこのような不便な要素がある。
不便な要素
・ドッヂボールに参加できない
・相撲できない
・スプラッシュマウンテンに乗れない

また便利なこともあるようだ。
便利な要素は
・戦争でほぼ無敵(毒ガスは駄目?)
・交通事故にあわない(車に乗っていた場合は駄目?)

ちなみにエスパー魔美のテレポーテーションの能力だが、初期は5、600mという設定。そのため屋根伝いに何回もテレポーテーションを繰り返す。
後ほどこの能力はパワーアップしており約5倍の5kmまで飛躍している。

またテレポーテーション時にものにぶつかったりしないのはエスパー魔美自身がコンパスのような能力を持っているからだ。
原作ではスランプ時になると電柱にぶつかるシーンなどが見られる。

by KEN