新・2典TIME(KENちゃんBlog)

TOPへ
■2典Plusのブログです。身の回りのことをダラダラと。
 複数の記者がブログを執筆しております。

バーチャルコンソール

Wii『ぼくときみと立体。』

きみとぼくと立体。


Wiiの新作『ぼくときみと立体。』を購入。
1,000Wiiポイント(1,000円)だった。

『Dの食卓』で有名な飯野賢治が関わっているという作品。

彼は過去にも『3DO』で『宇宙生物 フロポン君(ワープ)』という落ちゲーパズルをリリースしていたので、パズルゲームは初ではないようだ。

といっても今作がパズルゲームかというとそれも疑問になる。
ゲームの内容は至ってシンプル。
画面上に表示されたキューブに向かって“ニンゲ”という人型の生物を投げて乗せる。
キューブの上に乗るとキューブが傾きだすので、落ちないようにバランスを保つ。
指定された人数をキューブの上に乗せればクリアというもの。

実際はこんな単純ではなく、全てのキューブに乗せなくてはいけないというルールがあったり、変わったキューブも出てきたりと細かいルールはあるが、大雑把に説明すると上記のようなゲームだ。

遊んだ感想だが、適当にやっていても進めてしまうのだ。
テクニックが必要なのか疑問に思えてくるくらいサクサク進む。
何せ“ニンゲ”が落ちてもペナルティはマイナス5秒だけという。
“ニンゲ”は時間内であれば何匹でも投げれるので、次第にクリアとなる。

ただ、つまらないというわけでもないので気になる方や、興味の有る方は購入してみては如何だろうか?
1,000円だし安いんじゃない?

このゲームどこかで見たことあると思ったら、『IQ』や『XI(サイ)』に似ている。
また雰囲気は『REZ』でお馴染みの水口哲也が好みそうなゲームデザインである。
こういう雰囲気嫌いではない。
“ニンゲ”ではなくピクミンにしたらもっと売れたのではないだろうか? 違うか?

こちらWiiショッピングチャンネルより購入が可能。
WiiWare作品なのでダウンロード専用となる。

『きみとぼくと立体。』公式サイト


ゲームデザイナーの仕事 プロが教えるゲーム制作の技術ゲームデザイナーの仕事 プロが教えるゲーム制作の技術
著者:前田 圭士
販売元:ソフトバンククリエイティブ
発売日:2008-01-26
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


ウェーブレース64

Wiiのバーチャルコンソールにウェーブレース64が追加されたので早速ダウンロードして遊んでみた。
当時めちゃハマったゲームの内の一つ。レースゲームとしてももちろん、水の表現が素晴らしくそれも注目を浴びた。
また音楽もRCカーグランプリを彷彿とさせ個人的に大好き。
昔はウェーブレースのmidiが凄い作られてたなぁ。

ニコニコ動画でウェーブレースメドレーが聴けるので聞いてみてください。
オススメ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm487565

by KEN
最新コメント
ブログメンバー
現在のブログメンバー
KEN 
(ID:nitenplus)
CO 
(ID:shio_ito)
takaya 
(ID:int_a)
archigram 
(ID:archigram1)
 
(ID:cat_apple_star)
キラ 
(ID:kira17)
YUITER 
(ID:yuiter)
2典Bibleに投稿
2典Bibleの投稿はこちらから
投稿フォーム
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ